読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金の話。

早い話、好きなものにはちゃんとお金使いましょうよ、と。


最近気付いたことなんですけど、どうも世の中には、

・何かにお金を使うというのは、単に「自分のお金が減る」ということではなく、「それを作っている人にお金が渡る」ということでもある、ということをいまいち理解していない人

ないし、

・何かを作るということは、それがゲームであれ、漫画であれ、小説であれ、動画であれ、音楽であれ、手間もかかれば費用もかかるのだ、ということをいまいち理解していない人

という方々が時折いらっしゃるようなのです。直近で何例か観測しました。

なので、上記に該当しない方には、以下の話は「当たり前じゃねーか」としか思えない内容になると思います。ご容赦ください。


特に創作の世界というものはシビアなもので、食えないアーティストはあっという間に行き詰まります。お金を稼ぐ手段がなくなるか、お金を稼ぐことによって創作の時間がなくなると、そのアーティストさんは観測出来なくなります。たとえメジャーシーンで勝負している人であろうとも、お金の周りが良くなければ、活動出来なくなるまでの期間は驚く程短いです。

これは、アーティストに限った話ではなく、あらゆるジャンル、あらゆる分野において同じことです。行き着けの店は、客があまり来なくなるとつぶれます。良く使うWebサービスは、採算がとれなくなると停止されます。そして、その「立ち行かなくなるまでの期間」というものは、部外者が想像するよりも、一般にだいぶ短い傾向があります。

非常に基本的なことではあるのですが、霞を食うだけで生きていける人間はいないので、あらゆる活動には資金が必要です。そして、その資金を提供するのは、顧客であり、ファンであり、要するに「それが好きなあなた」です。直接的、間接的(広告クリックとか)の違いこそありますが、これはどんなものでも同じです。

つまり、「それが好きなあなた」がお金を使わないのであれば、「それを作っている人」にお金は回りません。単純な話です。


なので、非常に、ひっじょーーーに基本的なことではあるのですが、

「あなたが好きな何か」に対してあなたがお金を払わないと、それを作っている人は食っていけないのだ

ということは、たまに確認しておいてもいいように思いました。


勿論、言うまでもなく、お財布事情というのは人それぞれですし、自由に出来るお金というのも人それぞれです。自分が好きなものにお金を使い込む余り、自分が餓死してしまっては流石に本末転倒ですので、適切な範囲というのは合って然るべきでしょう。

とはいえ、「「自分が好きな何か」を作ってくれる人にどうやってお金を回せばいいのか」というのは、どんな時でも考えていいテーマだと私は思います。出来る範囲でお金を使わないと、「自分が好きな何か」を支えることは出来ないんですよ、ということは、何度繰り返しても無益ではないと思うわけなのです。


私は我田引水が好きなので、「私が好きな何か」について、自分だけでなく、色んな人がお金を使ってくれるといいなあ、と思います。「私が好きな何か」を私がたくさん褒めるのは、そういう目的です。

ということなので、皆さんダライアスシリーズとメタルマックスシリーズ遊びましょう。手始めにメタルマックス2:リローデッド辺りから。損はさせません。