読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

具体的ではない話。

今から、あんまり具体的じゃない話をします。

あるテーマがあるとします。

で、そのテーマについての意見を、てきとーに数字化するとします。どの程度極端に振れているかという尺度によって、1から10くらいまでの数字に分かれると思ってください。

可視化されやすい、というか、分かりやすくて目を引き易い意見って、やっぱり「1だ!」と「10だ!」なんですよね。1派の人と10派の人が殴りあいとか始めると、そりゃもう人目を引きます。万事、絶対評価よりも相対評価の方が分かりやすいので、周囲の人たちも、「1なのかな?」「いや、10なんじゃないか?」「10はない」「1の問題点は3つあって」といった、色々付随的な議論も始まるわけです。

特にWeb界隈では、「1か10か」という議論が注目されやすいこともあいまって、極端な立ち位置、極端な言説がもてはやされやすい土壌みたいなものがある気がします。


ただですね。往々にして、「現実的な妥協点」とか、「丁度いいところ」みたいなものは4から6くらいのところにあって、「実際に実行に移したら上手くいきました」みたいなのもその辺だったりすることが多いと思うんですよ。いや、勿論、全部が全部じゃないですが。


4から6、くらいのポジションを取る人の言説は、あんまり注目されません。場合によっては日和見ともとられますし、1派の人、10派の人、それぞれから対立陣営だと判断されて攻撃されたりします。基本的に損な立場です。

ただ、「4から6くらいに現実的な回答があるんじゃないかなー?」って考え方って、絶対必要だし、その辺のこと検討しないと現実的な解が出てこないケースって多いと思うんですよ。実際に4から6くらいの回答を求めるときに、「1か10か?」って議論は不要だったりするんです。


言うまでもありませんが、エラい単純化した話ですよ。物事、綺麗に10段階に数値化出来る程シンプルなケースは多くはありません。

ただ、考え方の一つとして、

・一見分かりやすくて目を引きやすい意見が、「実は現実的でない程極端に振れた意見かも知れない」ということ
・二つの対立陣営があったとしたら、実は現実的で妥当な回答はその真ん中くらいにあるかも知れないこと
・一見どっちつかずの日和見っぽく見える意見を言っている人が、実は一番現実的な人かも知れないこと
・必ずしも、あるテーマについて1か10かで考える必要はない、ということ



辺りは、頭に入れておいた方がいいかもなあ、と思った次第なわけです。

あ、今日書きたいことはそれだけです。