読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えているでしょうか。

1990年にサン電子から発売された野球ゲームなんですけど、その一番のウリが「親ガメカセット、子ガメカセット」システムだったんです。

 

本体のソフトの後ろに拡張スロットがあって、そこに子ガメカセットを差し込むことで、追加の最新データで遊べますよ、っていうシステムです。

概念としては、今でいう「DLC」の走りですよね。まあ、子ガメカセットだけでもそれなりの値段するってこともあって、どうもあんまり売れなかったようで、結局子ガメカセットって「OBオールスター」と「'91開幕版」の二本しか発売されなかったんですけど。


早い話、「ゲームの内容を後から追加する」っていうのは、かつてそれだけ大がかりな仕組みが必要なことだったんですよね。


特に家庭用ゲーム市場において、ゲームというものは基本「買ったら買ったっきり不変のもの」であって、例えばどんなに大きなバグがあっても、どんなゲーム上の問題があっても、それが「後から解決する」ということはほぼありませんでした。当然、「追加データが出てゲームが拡充される」ってことも、上記のような極少数の例外を除くと、ほぼあり得ないお話でした。

ディスクシステムで何本か出てた「書き換え版」だって、あれ半分新作みたいなものでしたからね。


それが、現在では、DLCあり、アップデートあり、バグフィックスあり、追加コンテンツありと、「ゲームは後から内容が拡充されるのが普通」という世界になっています。むしろ、「最初の段階でゲームがすべて評価出来るとは限らない」というところまで来ています。


これ、簡単なようですけど、ものすっげえ話だと思うんですよ。開発者にとっても、ゲーマーにとっても。


たとえバグが入り込んでしまっても、バグフィックスでやり直しが効く。「もっとこんな風に遊びたい!」「こんなシナリオが欲しい!」みたいな声にも、答えられる可能性がある。ゲームが、遊んでいる内に、更に面白くなっていく。こんなこと、かつてのファミコン時代・スーファミ時代には、想像することすらできませんでした。パソコンのゲームですら、後からパッチやPKがリリースされることはあっても、ここまで「アップデートが当たり前」の世界ではなかったと思います。


「アップデート」「追加コンテンツ」だけの話ではありません。ラグが少ない通信対戦。物凄い発展性をもったAI。kinectのような新しい入力体系や、その可能性。AR、VRの例を挙げるまでもなく、今この瞬間にも、ゲーム業界は「ゲームの可能性を広げる新しい技術」を眼前に見続けています。

ゲームについて書きます。

皆さんご存知ですよね?ウル技大技林。最初の頃はファミマガの付録で、後に「超絶大技林」になって独自で刊行もされるようになったと思います。知ってる人には当然のことだと思いますが、「ウル技」というのは要するにゲームの「裏技」のことで、大技林は裏技がたくさん載っているムックです。

 

ファミマガ本誌の方では、「ウソテックイズ」という「裏技51個の中に、一つウソ技があります」という企画をずーっとやっておりまして、この51個という個数縛りがあったからなのか、「これ裏技って程のものか?」みたいな小粒のウル技も随分ありましたが、大技林では厳選されているのか、そこまで細かい技は載っていないようです。

 

で、今の視点で大技林を読み直してみると色々面白いなーって話でして、勿論意図的に仕込まれた「裏技」もたくさん載っているんですが、なかには相当スレスレの「技」も掲載されています。

 

例えば、大技林'94には、こんなウル技が載っています。以下、強調は筆者。

 

びっくり熱血新記録から、
「ハンマーをグリーンが見える位置まで投げ、次に回転のパワーを最大にしてハンマーを投げると、ハンマーが選手の後ろへ飛んでいき、やがてカップを飛び越えたところに落ちてしまう。こうなると、リセットしないと脱出できない。

 

月風魔伝にはこんなのがあります。
「波動剣なしでワープの門へ入れる方法がある。ワープの門に入れるように十字ボタンの上を押しながら、スタートボタンを押す。すると画面が変わってサブ画面になる。そして、再びボタンを押すと、月風魔がワープの門に入ってしまう。」

京都龍の寺殺人事件。
「17日になったら尾沢家に行き、およねにみなこの写真を見せる。すると画面が変になってゲームができなくなる。」

「魔法の本を戦闘中に装備するとかなりの効果がある。(中略)ただし、本を装備したままセーブすると、データが消えることがあるので気をつけよう

上記はほんっっっの一例な訳ですが。皆さんよくおわかりの通り、これら、今の基準で考えれば純然たる重大なバグ、ないし仕様漏れな訳ですよね?ゲーム進行に重大な支障を来したり、セーブデータが飛びかねない内容というのは、少なくとも十分な期間と適切なテストがあれば、確実にデバッグされていたであろう、というレベルのバグだと思います。今の時代なら、ゲームの品質評価の低下に直結するレベルのバグです。

けど、FF2の本装備とか、当時「うわ大バグ!ちゃんとテストしろ開発!」って思いました?「こうするとバグが発生するんだ、回避しないとな」って思いました?

私は思いませんでした。「うわすげー技!試してみよう!」っていう風に思考しました。確かセーブデータは消えなかったような気がします。

「裏技として紹介される」ってそういうことだったんです。バグが、バグじゃなくて、「技」になってしまう。凄いですよね。私が担当してるシステムのバグもウル技として紹介したい。


ちなみに、ちょっと時代は下りますが、多くのプレイヤーにトラウマを作った聖剣2の一連のバグも、ウル技として掲載されていたりします。

 

「(中略)すると、パーティ内にいるはずのプリムが助けにきて、プリムが2人になる。ただし、プリムが2人の状態でゲームを進めることはできない。」

 

「ボスが爆発しているあいだにセレクトを押すと、バグってストーリーが先に進まなくなる。」

 

大変でしたよね。タイガーキメラ必死で倒した直後にフリーズとか。あったあった。



何が言いたいかというと、「昔のゲームでも、今でいう「致命的なバグ」が残ったまま発売されてしまっていた例は山ほどあった」「ただし、それが当時は「裏技」の一種として扱われていた」という話なんです。



もちろん、致命的なバグが「裏技だからオッケー」と単純に許されていたか、っていうとそれはちょっと違うと思います。聖剣2とか、やっぱ当時遊んでた人たちで、フリーズを経験した人は文句タラタラだったように記憶してますしね。

イベントに行って来ました。

こんばんは。
健くんに質問です。
買い物の帰りに、家の近くまで来てから買い忘れに気が付いたら、健くんはどうしますか?
4択でお答え下さい☆
① 戻って買いに行く。

② 今日はあきらめる。

③ マネージャーさんに連絡をして買って来てもらう。

④ その他

私は今日はあきらめるですね。
だってさ、俺さプライベートでマネージャー呼び出すことないでしょ。
仕事中だもん。
タレントによっては色々あるらしいみたいですけど。
ビックリしたもん聞いて、そうなんだ~みたいな。
そういう人も居るんだみたいな、運命共同体だよ。タレントとマネージャーは運命共同体みたいな、良くも悪くも。
仕事の事で、これが入ってるはずなのに入ってないんだけど、書類がとか、音源が聞けないとか、そういう事で申し訳ないけど、休みの日に連絡して、今日休みで申し訳ないんだけど、これが入ってないんだけど、これだけどうにかパソコンで送ってもらえるかとか、確認してもらえるかっていうのはあるけど。
ごめんちょっとトイレットペーパー切れたんだけど、今からちょっと休みの所申し訳ないんだけど、勝ってきてもらえるみたいなのは、ないよね。1000%無いな。
病院も連れて行ってもらったことないもん。プライベートで。自力で行くもん絶対。
買い忘れか~。買い忘れじゃなくて、薬局行き忘れはよくある。
薬局がね、ポイントがね日曜日の日が凄いポイントが貯まるみたいなのがあって、だから例えば金曜日に買いたいと思ってるんだけど、でも今日金曜日か、日曜日にしよう、日曜日だとポイントがたしか結構、結構な量買うんだもん。だからそのポイントを貯めるために、ポイントの貯まる日にしようと思うじゃん。日曜日は忘れてるんだよね、買いに行くことをすら、で、22時位、もう終わってるの、薬局が、ヤベー今日買いに行くの忘れちゃったよって、また次の翌週みたいな、気づけばまた翌週も忘れてるみたいな、で、結局もう日曜日じゃない日に買うみたいな。
俺スケジュール管理下手くそなんだと思うんだよな、凄く効率の悪い人生を送ってるようなきがする。
俺は戻るのは全然苦にはならない、気になったら絶対に嫌だと思ったら絶対に、例えば洋服でも、キレイかどうかっていうのを見たときに、人が散々試着してるものってあんまり好きじゃないの、現品だし、本当に結構いい加減に扱ってる人も居るし、在庫があれば本当は在庫が良い。ってなったときに、でも現品しか無いってなったら、A地点の現品と、B地点の現品、見比べたいわけ、俺は一回A見て、B見て、同時に持ってきて同じ場所では見れないわけだから、どっちも見るわけ。そしたらA見て、Bで見て、BからまたAに戻ったりもするようなタイプだから別に苦じゃない。だって、キレイな物が欲しいんだもん。なんかここのラベルが曲がってるな~、Aの方は曲がってたかな~見るかって。
その日買おうと思ってたらね。もう無いんだもん、物によっては、そんな直ぐに買えるような商品であれば別にまたでいっかって思うけど、もう本当に何もなくて、何処にもなくて現品しかないってなったら多分それがどうしても欲しかったら、それを買うんだろうけど、現品の中でもより綺麗な方を選ぶとかさ、って考え方かな~。

はじめまして。

はじめまして。サイトウさんです。

今日からつれずれなるままに日記を書いていこうと思い立ちました。

といっても何を書いていいのやらという感じですが、まぁ趣味やら日々起こる出来事、

行ったイベント等について書きましょうかね。

 

まず私は新潟県出身です。はい、あの米が有名なところですね。でも、あんまり新潟の人って米について詳しいわけではありません。でも、初めて会う人とかは米についてよく聞いてきますよね。米しか聞くことないんか!と思っちゃったりしますけど、

まあ仕方ないですよね。米以外で思いつくことなんてないですもんね。。

あ、ひとつ思いつくこととしてはスキーがありましたね。

なんせ、新潟県は積雪量日本一をほこりますから!!(たしかそうだったはず笑)

 

スキーは小学校のころから授業でやってましたね。雪が降らない地域の人に対してはこれもいいネタになります。でも、雪国の地域の人にとっては当たり前だったりします。

とくに長野の人とかは上手なイメージですね。なんせオリンピックが開催されましたからね。そういえば、あの頃はスキーが割とメジャーなスポーツでしたけど、最近はもっぱらスノーボードですよね。若者達でもスキーを始める人ってほとんどいないですもんね。なんでだろうか?やっぱりスノボの方がかっこいいからかな?たしかにスキーて滑りやすいけど、格好が不格好だもんね。そしてやっている人もバブル時代にスキーにはまったおじさま、おばさま達ばかり。。あと最近ではXゲームとかも若者達の間で人気ですもんね。

 

たしかにXゲームはかっこいいですね。私もあんな感じでアクロバティックな技を決めてみたいです。ただ、怪我が怖いですね。そういえば、最近思うのがスノボする人にしてもスキーする人にしてもなんでヘルメットをしないんでしょうかね。これが、外国だと一般的なんですよ。逆に日本人はなんでメットしないんだ?て思うらしいです。でも、これは外国人が正しいですよね。だってとんでもないスピードが出るし、命の危険だってあります。それでメットしないんだから、車にシートベルトしないで乗ってるようなもんですよね。

 

さて、いろいろと思うことばかり書いてきましたが、今日はそろそろ退散しようと思います。今日はとりとめのない話になってしまいましたが、今後日記を続けていくなかで、どんどん成長していこうと思います。はい。まぁ他の人の日記もね、参考にして書いていけば、一年後、なんかすごいブログになってたりして。笑

 

まぁこれからよろしくお願いしますということで、さようなら。